イタリア語を上達させる方法

イタリア語の上達と検定試験

イタリア語がどのくらい上達しているかを確かめるために検定を受けてみませんか?

 

英検のようなイタリア語の腕試しとなる検定試験はいくつかあるようです。

 

イタリア語の技能を検定するのに適しているとされるのが、イタリア語検定協会が行っている実用イタリア語検定です。

 

日常会話が自然にでき、ビジネスの場面でもイタリア語が自由に扱える能力を評価するもので、仕事でイタリア語を使う機会が多い方や、イタリア留学をしたいと思っている方などの受験が多いようです。

 

イタリアを拠点に活動する仕事をする場合、会話や書類作成などができるぐらいに上達していないと仕事を満足にできない場合もあります。

 

ですから、検定試験を受けるために学習して、イタリア語のステップアップをすると良いでしょう。

 

実用イタリア語検定試験は、難易度の高い順で言って、1級〜5級まで設けられています。

 

難易度は5級では合格率70%ほど、3級からはかなり難しく25%になり、2級では11%、1級になると合格率は10%程度と、だんだんと難問になっていきます。

 

試験内容としては、3〜5級は筆記試験とリスニング、1級と2級になってくると1次試験で筆記試験とリスニング、2次試験として口述試験もあって、イタリア語でコミュニケーションができる力がついているかどうか評価されます。

 

受験地は日本の13主要都市とミラノやローマでも受けることができます。

 

受験料は4千円〜1万2千円と、受験する級によって違います。

 

イタリア語の上達具合を把握するにはベストな検定試験です。

 

合格できれば就職で強みになることもあるので、合格を目標にしてみてはいかがですか?

イタリア語の上達と検定試験関連エントリー


Copyright (C) 2010 イタリア語を上達させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

イタリア語の上達と検定試験

イタリア語を上達するための方法をご紹介します